top
line
1
line
menu
tokyo
ティム・レイマン作品展「極楽鳥 Birds of Paradise」
2014年7月3日(木)〜2014年9月30日(火)

 極楽鳥は、ニューギニアと近隣の島々、オーストラリアのごく限られた地域に生息するフウチョウ科の仲間を指す。この仲間の雄は、「メスによる性淘汰」[メスによる交尾相手の選択]と呼ばれる課程で独自の進化を遂げ、過度に装飾的な羽を持ち、凝った求愛行動をとるようになった。これはすべて、幾世代にもわたって、雌が最も華美な羽を持つ雄を連れ合いに選んできた結果である。ちょうど、犬の育種家により、オオカミに似た犬の祖先が多種多様な品種へと変貌していったように、極楽鳥の雌もまた、2千万年の歳月をかけて、カラスのような姿の祖先を驚くほど多彩な風姿の鳥へと進化させていったのだ。
 2004年、私は野生の極楽鳥を記録する実地探査を開始。ウォレスのような先人探検家達の足跡をたどり、このめったに姿を見せない鳥たちを探し求めた。もっとも、このとき私が手にしていたのは、先人達の銃に代わり、現代のカメラであった。私は鳥類学者エド・スコールズとともに現地に18回赴き、極楽鳥をひたすら追った。私たちは、密林に分け入っては木の梢にぶら下がり、茂みに身を隠してはカモフラージュ・カメラを操った。そして遂に、史上初めて、全39種の野生の極楽鳥の撮影に成功した。
 
ティム・レイマン Tim Laman

1961年、東京生まれ。幼少期を日本で暮らし、山や海で多くの時間を過ごしたことで、自然に深い興味を抱くようになる。ハーバード大学で生物学の博士号を取得。同大学鳥類学研究室の研究員も務め、熱帯雨林と鳥類の生態に関する多数の論文を発表。世界各地の秘境を訪れ、科学的データを収集しながら写真を撮影している。北米自然写真協会「優秀写真家賞」(2009年)、BBCワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー賞など受賞多数。

オフィシャルサイト http://timlaman.com/
02 iso


  rinku c