top
line
1
line
menu
tokyo
中村征夫写真展「海中散歩」
2012年10月20日(土)~2013年6月18日(火)

このたびの写真展は、私がいつも海の中で出会う生きものたちにレンズを向け、「顔面」「原寸大」「かいじゅう」「新入生」の4つのパートで構成しています。
喜怒哀楽にあふれた魚たちの豊かな表情や、迫力ある実物大の雄姿、そして誕生したばかりの小さな命など、海に棲む様々な生きものたちの姿を展示します。
海は神秘に満ちた世界です。私たち人類は長い間、水圧の壁によって海の世界を知ることを阻まれてきました。今日、潜水機材の発達や水中カメラの普及などにより、少しずつその真相が明かされつつあります。
私がご紹介するのは、そのごく一部ですが、海の素晴らしさ、生きものたちが懸命に生きる姿をどうぞご覧ください。さぁ、海の散歩に出かけましょう。
中村征夫

中村征夫(なかむら・いくお)

水中写真家 1945年秋田県生まれ。20歳のときに潜水と水中写真を始める。現在、海を専門とする撮影プロダクション(株)スコール.代表。国内外の海を精力的に取材し、数多くの話題作を発表。ライフワークの東京湾をはじめ、水俣湾、諫早湾など、人と海との関係や、「命」を基本姿勢に取り組む報道写真家でもある。講演会やテレビ、ラジオなど様々なメディアをとおして、海の魅力と環境問題を伝え続けている。第13回木村伊兵衛写真賞、第9回文化庁芸術作品賞、2007年度日本写真協会年度賞、第26回土門拳賞などを受賞。

中村征夫公式ページ http://www.squall.co.jp/

iso iso


  rinku c